2016年6月6日月曜日

【オタクの商品は何?】

「御社の商品って何ですか?」とよく訊ねる。先日もある老舗和菓子屋の店主にそう訊ねたら、何を今さらという顔をしながら「まんじゅう、大福、芋ようかん」と自慢げに答えてくれた。そのとき僕は「まったくダメだな」と嘆いた。そんなものは近所のスーパーどころかドラッグストアの店頭にでも並んでいる。そうだよ、お前んとこの主力商品はパンパースの横に並んでるんだぜ。ハハハ、お笑いだぜ!と心の中で爆笑した。いくら十勝産のあずきや良質の和三盆を使っていると自慢したところで、そんなものはそこらじゅうの和菓子屋で使われている。それでは差別化の「さ」の字にも御の字にもならん。あのね、オタクにしかないものが商品だよね。モノ自体に価値を見出すのではなく、よそにはないユニークなサービスや時間や空間を提供すると考えればヒントは出てくるはずだ。結論に入ろう。「正確な決算書を作ります」「毎月、巡回監査を行います」「相続対策に自信があります」と意気揚々にうたっているフツーの税理士事務所に東京オリンピックまでの寿命はない。
http://www.zeirishijimusyo.com/


0 件のコメント:

コメントを投稿