2016年6月24日金曜日

【良い会社と悪い会社の見分け方】

決算書などの数字に表れない部分で良い会社かどうかを見分ける方法はある。っていうか、「数字が良い=良い会社」だと思うほうが稚拙で能がない。ま、その話は右横に置いておいて、左横から本題に入ろう。それは相手先にFAXを送信すれば容易に分かる。その際に返信を希望する旨の要件を添えてね。メールを見ない奴はいてもFAXは必ず見る。大五郎、あとはジッと待つのだぞ。by 大昔の「ボンカレー」のCM風。それで相手先の企業風土もバッチシ分かるんだよ。まずはちゃんと返事が来るかどうかだね。返事が来なかったらそれまでの会社だからサッサと縁を切っちまおう。そして問題は返事がすっげぇ遅い会社だが、そうなってしまった理由は「決められないか、怠慢か、忘れっぽいのか、社内がゴチャゴチャで用紙をなくしたのか、こっちを軽く見ているか」の5つしかない。だから、返信期日からどれだけ遅れて届いたかを分析し、相手先の企業風土を垣間見ると面白い。たった1枚のFAXで会社の良し悪しがこれほど顕著に分かるんだっぺ。
http://www.zeirishijimusyo.com/


0 件のコメント:

コメントを投稿