2016年6月30日木曜日

【社長から見た通信簿】

成績の良い子はそれを待ち望み、そうでない子は凹むだけ。そう、それが通信簿。そして顧問先の社長からすれば、決算書は通信簿とまったく同じ。前期と比べて売上が、利益がアップすればそれを待ち望み、ダウンしたら監査担当者から逃げ回る。だよね?なかなか決算報告会を開くことができないのも顧問先の社長が逃げ回っているからだよね?であれば、嫌がる相手を捕まえてまで無理にやることもなかろうに。会社の売上や利益をアップさせる最大の要因は、社長の「ヤル気」。それさえあればなんとかなる。それに決算書の読み方を説明したところで明日になったらほとんど忘れてやがる。多くの社長から実際に聞いた話だが、大原簿記で経理を学んだだけの若僧から「固定費がどうのこうのと言われると腹が立つ!」と憤慨していた。一度も物を売ったこともなけりゃ電卓を叩くのが早いだけなのに!ってね。そしてそれは税理士も同じぴょん。数字に強いのではなく、数字に詳しいだけですよね。本当に数字に強い人であれば、公認会計士や税理士稼業ではなく、商品を流通させる大きな商売をやっているはずだ。今一度、通信簿をもらう人の気持ちを考えてみてほしい。ヤル気を削いで凹ませるだけなら、やってはいけないことだけを忠告して「さ、頑張りましょう!」とエールを送るだけのほうがずっとマシだ。
http://www.zeirishijimusyo.com/


0 件のコメント:

コメントを投稿