2016年9月30日金曜日

【「大きいこと」が「強いこと」ではない】

数年前までは3万近くもあった税理士事務所の数が年々、確実に着実に減ってきている。ううん、心配しないでほしい。だからと言って税理士事務所のニーズが激減したわけではない。それどころか逆に職員の数は増えている。つまり、1事務所あたりの規模がムダに大きくなったということだ。M&Aなどで税理士法人化した巨大な事務所が目まぐるしい勢いで増えている。では、数人の職員やパートだけで営んでいる税理士事務所はこの先、生き延びることはできないのだろうか。答えは、NO!その真逆で小さな事務所のほうが強いだろう。事務所を大きくして誰に何のメリットがあるの?顧問先は、担当者ではなく「たまには先生にも来てほしい」というのが本音だ。開業当初は顧問先がほとんどなくて頻繁にウチに来ていた先生。10年もすれば大先生になるんだなぁ~と寂しく思っていることだろう。また、事務所が大きくなるとサービスが拡充すると思われがちだが、それを必要とする先がどれだけあるのだろうか。そんなものは顧問先の心情を無視した事務所の都合に過ぎない。事務所が大型化すれば、顧問先との関係が希薄になることは自明の理。顧問先はね、困ったときに気軽に相談できる、すぐに駆けつけてくれる「隣の税理士」を望んでるんだよ。今こそ1社1社の顧問先との絆を太くして信頼関係をより深める時代だね。
http://www.zeirishijimusyo.com/


0 件のコメント:

コメントを投稿