2016年10月21日金曜日

【ワクワク感が自社の将来を左右させる!】

(問1)絶好調な企業やお店の共通点とは何でしょうか?5、4、3、2、1高木ブー!時間切れ。答えは「なんとなくワクワクさせてくれる楽しい雰囲気」だ。絶好調の裏には「何かやってくれそうだな」というワクワク感がお客の心理に必ずある。ちなみに「何かやってくれそう」は安心の下にあり、「何かしでかしそう」は不安を助長するので両者はまったく違う。「同じ落とすなら、ここにお金を落とそう♪」とワクワク感が漂う企業やお店に人は集まるんだ。そう、マクドナルドにあってロッテリアにはないもの。TDLやUSJにあってそこらの湿った遊園地にはないもの。北の大地でくすぶっていた旭山動物園が全国区になったのも「ワクワク感」をかもし出すことに成功したからだよ。そして、それは税理士事務所にもまったく同じことが言えるだろう。あなたの事務所は、顧問先が「この事務所って何かやってくれそうだな」とワクワクするような事務所だろうか。逆に「何かしでかしそう」な事務所なら個人的にはたくさん知ってるけど(爆)。記帳指導や申告業務をやっているだけでは100%顧問先にワクワク感など芽生えやしない。もし、あなたの事務所の200メートル先に「何かやってくれそう」な事務所がオープンしたら終わりだよ。だが、もっと注視すべきことがある。それは、お客だけでなく自社の社員や職員自体もワクワク感のない会社や事務所などにそう長くは居つかないということだ。
http://www.zeirishijimusyo.com/


0 件のコメント:

コメントを投稿