2016年11月11日金曜日

【簡単に顧問先を増やす方法】

売上を伸ばすことなど超簡単。例えば、50社の顧問先を抱える税理士事務所なら毎月の顧問料を一律5000円値上げすれば、50社×5000円=25万円も↑する。年間で300万円だ。「そんな商道徳に反することなんてできないよ」と叫ぶ者も多いだろう。でもね、自社の社員にやらせたら20万円もの給料を支払わなきゃいけない面倒な仕事を税理士事務所にさせておきながら、たった数万円の報酬しか支払わないほうがどうかと思うのだがいかがなものか。それに中学生のお小遣い程度の値上げで文句を言う会社なら、この先1円も顧問料の増額は望めないし、それ以前に確実に消えてなくなるだろう。ま、このお話は置いといて、肝心の顧問先の簡単な増やし方について語ろう。50社あれば、50人の社長がいるよね。その50人に「友だちの社長をここに連れてきて」とお願いするんだ。このセリフを一度でも使ったことのある税理士はいるだろうか。いや、いない。どんな人間でも一人くらいは「良い友だち」は必ずいる。そして、社長の友だちは社長。課長の友だちはせいぜい課長。せっかくそれだけの金鉱脈である見込み客をすでに手中におさめておきながら、ほとんどの税理士はそれに気付いちゃいない。で、これの具体的な成功事例と連れて来られた見込み客の社長たちに何をすればよいかはそのうち話そう。
http://www.zeirishijimusyo.com/


0 件のコメント:

コメントを投稿