2016年11月25日金曜日

【ヤル気がなくてもやってくれさえすればいい】

「顧問先拡大キャンペーンと旗を揚げてもまったく増えやしない・・・」。これは多くの税理士事務所に共通する悩みだ。いくら旗を揚げても職員がまったく動かない、ヤル気が感じられない。所長は、職員に対して「顧問先を増やせよな!」と心の中で叫んでいる。だが、それは無理な注文だ。高校を卒業して大原簿記へ入った後、税理士事務所で電卓を叩こうとする若者に営業などできるはずがない。営業が嫌い&苦手だから今の職業を選んだのではないだろうか。地元の中小企業のお手伝いをしたい、商店街を活性化させたいと思って経営や財務、経理の勉強に励んでいるとはとても思えない。「何を言ってるんだ!私は違うぞ」とおっしゃる先生も多いだろう。でも、それはあなただからだ。「税理士になりたい」と思うことと「税理士事務所を経営したい」と思うこととはゾウとアリほどの差がある。税理士になりたいと思っている職員は腐るほどいる。ところが、他人を雇ってまで地域に貢献したいと思っている職員が一体どれだけいるだろうか。ほぼ皆無だろう。もっと言えば、税理士になれば大企業の経理部に転職できると思っている職員もたくさんいる。その証拠に例えば、朝礼で「顧問先が1社増えたよ」とあなたが言ったとしよう。それを聞いた職員たちは「誰がその会社の担当にさせられるの?」と100%思う。必ず思う。給料の元である顧問先が増えたのに素直に喜ばないし、純粋に喜べない職員たち。今まさに、そのような環境や状況なのではないだろうか。そうかと言って、新規顧問先を増やさなければ確実に先細りするのは自明の理。だから、職員のヤル気うんぬんを嘆いている暇などないはずだ。所長であるあなたは今、なぜそこに立っているのだろう。それは「税理士事務所を経営したい」と思ったからだ。所長と職員とでは立っているステージが果てしなく違う。職員に積極性を求めることは、セミを越冬させることより困難なんだ。もうヤル気うんぬんの話はやめようじゃないか。ヤル気がなくても何も問題はないんだ。そう、結果としてやってくれさえすればいいだけだから。職員にヤル気や根性が1ミリもなかったとしても、できてしまう仕組みさえあればOKだ。その仕組みのひとつとして、巡回監査時に「はい、今月のです♪」と手渡すだけなら、あの職員にもこの職員にもどの職員にでも間違いなくできるはずだ・・・→ http://www.zeirishijimusyo.com/
ヤル気がなくてもやってくれさえすればいい。



0 件のコメント:

コメントを投稿