2016年11月21日月曜日

【それぞれに引っ掛かるアンテナが異なる】

以前、30名の若い社長が集う交流会に参加した。平均年齢は28歳と4ヶ月といったところだろうか。その際、主催者に「自宅で固定電話と紙の新聞を契約していますか?」というアンケートを事前にとってもらった。その結果は「固定電話を契約している=3人」「紙の新聞を購読している=15人」だった。いいかい、マジで。しかしながらスマホや通話専用のガラケーを2台以上併せ持っている者は25人、タブレット端末で電子新聞を読んでいる者は28人だった。このことからもコミュニケーションをはかる方法や情報を手に入れる手段が以前とはモーレツに変わってきているということがよく分かる。通勤電車で新聞を読んでいないから、カバンの中に専門書を入れていないから「あいつはダメな若者だ」とはならないのだよ。とは言え、ベテラン経営者の多くは、新聞の紙面や専門書などから情報を得ることのほうが多いのも否めない。つまり起業したばかりの若い経営者と50歳以上のベテラン経営者とは明らかに引っ掛かるアンテナが異なるわけだ。同じ情報を、それぞれ異なる手段で手に入れているのが今の世の中だ。税理士であるあなたが同じ言葉を発しても、20代の起業家と50代の経営者とでは、その受け捉え方が異なるどころか真逆に勘違いされてしまうこともあるだろう。物事の本質やレベル自体は変わっていなくとも、それを手に入れる手段や方法は日々、確実に変化している。その中身の吟味よりも、相手が「何で」「どのワード」で引っ掛かるアンテナを持っているのかを明確に意識することは大切だろう。
http://www.zeirishijimusyo.com/


2016年11月14日月曜日

【あなたが今日まで「なんとかなった」その理由】

めんそ~れ!仕事じゃなければサイコーなのだが、今まさに沖縄に向かう僕たちがいる。沖縄ってさ、打っても響かない土地柄なんだよね。たしかに時計の短い針が2周半くらい止まったような悠々とした風土ではあるが、だからと言って何もしなくても食っていけるわけじゃあない。沖縄在住の税理士にビジネスの話をすると「そんなに頑張らなくても、なんくるないさぁ(なんとかなるさ)」とやり過ごされるが、今あなたがなんとか食っていけるのは「運良くなんとかなったからではなく、強引になんとかしてきたから」だよ。本人にその気はなくても、生来の防衛反応で襲い掛かる苦境や困難などに打ち勝ってきたからこそ、なんとかなっているんだ。今、この世に存在しているあなたたちは、たまたまなんとかなったから生きているのではなく、自分の手でなんとかしてきた結果、その場に立っていることをお忘れなく。はい、とってもいい感じにまとまった気がする僕がいる。では、このようなビジネストークを必要以上に熱く語ってきます。僕だってさ、そんなに頑張らなくても、なんくるないさぁ♪とオリオンビールを飲みながらまったり生きたひ。
http://www.zeirishijimusyo.com/


2016年11月7日月曜日

【「ね、紹介してよ!」と活字のような日本語で】

T税理士から「顧問先の拡大ツールとしてニュースレターを使いたいので成功イメージが湧くように詳しく説明してくれませんか?」と連絡があった。はいはい、いくらでもしてやりまんがな。できる限り標準語に近い日本語で説明すること1時間。するとT税理士は「ありがとう!これが使えることはよく分かったよ♪」と満足げだった。僕もうれぴー♪しかしだ、次の一言でこの僕は冷凍マグロのように固まっちまった。「じゃあ、○○○の担当者に伝えておくから」。説明しよう、○○○とは小難しい専門用語を春先のカエルの卵のようにギッシリと羅列しただけのニュースレターを販売している超大手企業なのだ。分かりやすく言えば「うちの商売ガタキ」でんがな。ゴメンね、どうしても商売が絡むと関西弁になりまんがな。「んはぁ。。。」さすがのこの僕も疲れる以前に呆れ果てたぜ。「先生ね、僕が何のために1時間も説明したか分かりませんかね?」「え?」「うちのを使って欲しいからわざわざガソリンとタイヤをすり減らしてここまでやって来て、さらに1時間も説明したんでしょ。しゃびしゃびの珈琲1杯で」「あぁ。。。」「ボランティアやるなら熊本へ行きますって」ってね。では、今日の〆に入ろう。基本的に察することのできる人間は少ない。ゆえに成功者も少ない。相手の心が読めないトップに明日はない。面と向かって「だから、買ってくださいね!」と活字のように訴えかけないと気付かない連中ばかりだ。だから、税理士であるあなたが顧問先を紹介して欲しければ、銀行や商工会議所の担当者に「ね、紹介してよ!」とハッキリ意思表示をしないとまったく相手には伝わらない。ちなみに、今回登場したT税理士は、今ではうちのええお客様でんがな。
http://www.zeirishijimusyo.com/