2017年2月24日金曜日

【チャンスは前髪 ~前髪がなくなるその前に・・・】

先日、この確定申告の真っ只中に福岡県の税理士に会った僕だった。その税理士は昨年の確定申告無料相談会の際に名刺を交わした経営者たちに、事前に許可を得て【ダントツ通信】を送っていたそうだ。で、彼が秀逸なのは「友だちの社長さんにも渡してください」と1人につき5部ずつ送ったことだ。そーするだけでターゲットは一気呵成に広まっていく。すると約30人の経営者に送っただけで、この一年間で17社(個人事業主も含む)となんらかの関わりができたそうだ。この「なんらか」とは、相続案件も含むため微妙な表現となっている。彼曰く「顧問先や関係者と常につながっている状態が大切だね」と。この当たり前のことが「新しい顧問先」を確実に増やすための近道で僕の名前は弘道だ。新しい顧問先を増やし続けている税理士事務所は、紹介をもらうことがすっげぇ上手い。で、それらの事務所の共通点は「チャンスのタイミングを逃さない!」という点だろう。紹介をしてくれる銀行や商工会議所にはある日突然、「どこかに良い先生はいないでしょうか?」という相談が舞い込んでくる。このとき「あ、あの先生はどうだろうか!?」と真っ先に思い浮かべてくれるかどうかで勝負は決まる。よく「チャンスの神は前髪しかない。チャンスはすぐに捉えなければ、後から捉えることはできない」と言うじゃないか。そして、それは決して難しいことでも面倒臭いことでもない。男女のつながりは赤い糸。そして、
http://www.zeirishijimusyo.com/


0 件のコメント:

コメントを投稿