2017年5月2日火曜日

【先生は死ぬまで先生】

この連休中、ボーっと口を開けてただいたずらに時間を浪費するだけの安い連中に対して一気に差をつけるべく仕事に励もうと思ったが、すでに永久に縮まることのないマリアナ海溝レベルの差をつけていた自分自身の偉大さに気が付いたこの僕がいた。そこで「ふ、気分転換に柳ヶ瀬でも歩くか」と大胆な独り言をつぶやきながら岐阜高島屋の北海道展に立ち寄った。そこで偶然、ルタオのチーズケーキを物色中の、中学時代にお世話になったT先生を発見した。だが僕は、声を掛けることができなかった。それはT先生のあまりにみすぼらしく変わり果てた風貌のせいだった。そう言えば以前、僕の最低ランクの友人が「パチンコ店でT先生を見たぞ。鼻毛はボーボーに出ているわハゲ散らかしているわで、せむし男みたいに背中を丸めて打ってたぞ。正直、ショックだったよ」と言っていたのを思い出した。そのときは「へ~、人生いろいろだな」と聞き流したが、実際に「先生」と呼んでいた人がそのように負に変貌している姿を目の当たりにするとさすがにショックを隠せなかった。そう、あなたの生徒たちはそこら中から見ているんですよ。そして学校の先生だけでなく、税理士でも司法書士でもピアノの教師でも世間から「先生」と呼ばれる職種の人たちは、死ぬまで背筋を伸ばして凛としていてほしい。それが無理ならば、この連休明けにでも辞めてもらいたい。
http://www.zeirishijimusyo.com/


0 件のコメント:

コメントを投稿