2017年6月27日火曜日

【優秀な人≦必要な人】

優秀な人材は大手企業に集中し、なかなか思うような人材が獲得できない。これは税理士事務所でも中小企業でも同じ悩みだろう。だが、そもそも優秀な人材を採ろうとすること自体が間違っている。例えば、高学歴で性格も良く、ITにめっぽう強い若者を顧問先の社長から紹介されたとしよう。すると「これは滅多にお目にかかれない逸材だ。彼の力が発揮できる部署を新設してやろう」と思ってしまう。で、それが上手く行くはずもない。結局、なんだかんだと高くついて終わるのがオチだ。そんなイチかバチかの育成ゲームができるのは時間とお金がたくさんある大手企業だけ。小っちゃな組織では優秀な人材など要らない。「この部署に見合った者だけが欲しい」。つまり「優秀な人材よりも、必要な人材」を優先すべきなんだ。当たり前のことだが、この当たり前をちゃんと理解しているトップは圧倒的に少ない。
http://www.zeirishijimusyo.com/


2017年6月20日火曜日

【相手が知りたいのは○か×か、0か100か、丁か半か】

昨年までは健康診断の際に「奇跡の50代」と驚かれたこの僕だが、あろうことか今年の健康診断では「要精密検査」となってしまった。そこで行きつけいやいや、かかりつけの医院で再検査をしてもらったら「なにもないのでほうっておけばOKですよ」とのこと。やはりこの僕は精神的には軟弱でも肉体的には頑健だった。必要以上に元気になった僕は「先生は丁か半かはっきり言うから気持ちがいいです」と褒めると「だって患者さんからすれば0(セーフ)か100(アウト)でしょ。あなたは五分五分ですよ、と言われたら精神的に凹んで本当に100になっちゃうでしょ(爆笑)」と。そのとき税理士事務所が自信をもって提供する決算書や経営診断書などを思い出した僕だった。◎○△×の△って何なの?◎と○はどこがどう違うの?そんな曖昧な評価を出したところで顧問先は途方に暮れるだけだ。評価は○と×だけでいい。「お前はもう45%死んでる」と言われても、行く末どころか自分が今、生きているのか死んでいるのかすら分からない。
http://www.zeirishijimusyo.com/


2017年6月6日火曜日

【「分子」が同じでも「分母」が異なれば意味はない】

桑名市で開業予定の若い税理士から「東京の○○先生の顧客獲得講座に行ってきました」と笑顔の報告があった。が、それって本当に使えるのだろうか?東京のやり方がそのまま三重県で通用するとは僕には思えない。すると「都会でも田舎でもビジネスの基本は同じですよ」と彼。ならば、例えば「税理士試験の合格率5%と行政書士試験の5%」は同じだろうか。たしかに5%という数字は同じでも、受験者のレベルが雲泥の差ということはとっくにご存じだろう。そもそも合格率に意味はない。なんだかんだいっても、まだまだ税理士稼業はクリーニング業と同じエリア商売だ。その地域に顧客となる企業がなければ成り立たない。放っておいても旬のタケノコのように次から次へと企業が芽生える都会の常識・発想・戦術・戦略が、そっくりそのまま一地方に当てはまるとは思えない。それをいかに咀嚼(そしゃく)し、自らに照らし合わせるかが肝心なのだが、それができる者は他人が主催するセミナーにお金を落とす前に自分で考え自分で答えを出している。今回の場合、同業者の前にひざまづく若い君の姿しか目に浮かばない。
http://www.zeirishijimusyo.com/