2017年6月27日火曜日

【優秀な人≦必要な人】

優秀な人材は大手企業に集中し、なかなか思うような人材が獲得できない。これは税理士事務所でも中小企業でも同じ悩みだろう。だが、そもそも優秀な人材を採ろうとすること自体が間違っている。例えば、高学歴で性格も良く、ITにめっぽう強い若者を顧問先の社長から紹介されたとしよう。すると「これは滅多にお目にかかれない逸材だ。彼の力が発揮できる部署を新設してやろう」と思ってしまう。で、それが上手く行くはずもない。結局、なんだかんだと高くついて終わるのがオチだ。そんなイチかバチかの育成ゲームができるのは時間とお金がたくさんある大手企業だけ。小っちゃな組織では優秀な人材など要らない。「この部署に見合った者だけが欲しい」。つまり「優秀な人材よりも、必要な人材」を優先すべきなんだ。当たり前のことだが、この当たり前をちゃんと理解しているトップは圧倒的に少ない。
http://www.zeirishijimusyo.com/


0 件のコメント:

コメントを投稿